カミソリで行うムダ毛処理は正しい方法?

カミソリを使ったムダ毛処理は多くの人が行っている方法です。
いつでも気軽にできるため費用がかからないことや、一度に沢山の場所を処理できるのがメリットです。
一方でエステなどで行う脱毛とは違うため、2〜3日するとすぐ毛が生えてきてしまい、自分で剃りにくい場所は剃り残しができてしまうことがあります。
また剃り方を間違えると肌にトラブルを引き起こす可能性があります。
例えば毛が生えている向きに逆らって剃ると肌を傷めるだけでなく、深剃りになって出血することもあります。
また再度生えてきた毛が皮膚の中で丸まって外に出られなくなる「埋没毛」や開いた毛穴からばい菌が入ってニキビのような状態になる「毛のう炎」、そして何度も自己処理をするうちに色素沈着を起こしてしまうとなかなか消えることはありません。
更には肌の弱い人は処理後に肌が痒くなったりカサカサしたりすることもあります。
これらのトラブルを引き起こさないためにもカミソリを使う時にはジェルやクリームを使って肌をいたわりながら処理を行い、刃も定期的に掃除や交換をしましょう。
また処理後に肌が乾燥した状態を放置しておくことがトラブルの原因の1つでもあるため、処理後には自分で保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。

 

ムダ毛処理をカミソリで行うのなら新しいものがおすすめです

女性にとっては、身だしなみとしてもしなければならないムダ毛処理ですが、最近はエステサロンでの脱毛ケアがかなり低価格になっているとはいえ、やはり時間的な余裕のない人や、抵抗感が拭いきれない方など、まだまだ自己処理を行っている女性も多いようです。カミソリを使っての処理は、広い範囲も一気に処理することができるので、手軽にできるため、自己処理方法の中でも一番ポピュラーと言えます。しかしこのお手入れ方法は、正しい手順で行わなければ、大切なお肌を深く傷つけてしまう危険性もあるため、慎重に行う必要があります。まず使用するカミソリは使い古したものではなく、新しく刃先の錆びていないものがおすすめです。入浴時にムダ毛処理を行う方が多いため、浴室におきっぱなしにしていると、一度しか使っていなかったとしてもすぐに錆びてしまいます。また女性専用の、ボディ用のお肌に優しいものを選ぶようにしましょう。そして処理前には石鹸の泡やシェービングフォームなどをたっぷりとのせ、優しくお肌に滑らせます。強く何度も当てるのではなく、優しく毛の流れに沿って剃り、次に流れの逆からも剃れば綺麗に仕上げることができます。そして処理後の保湿ケアも重要で、しっかりと保湿クリームを塗っておきましょう。

 

ムダ毛処理をカミソリで行う際のおすすめの方法とは

 

ムダ毛処理にカミソリを使用している方も多いですが、間違った使い方は肌を傷める原因になりますので、正しい処理の方法を覚えておくことが大切です。
まずやってはいけないことは、肌が乾いたままの状態で、いきなりシェービングをすることです。
これは毛がふやけていないのでそりにくいだけでなく、肌の表面を傷つけてしまいます。
専用のシェービングクリームなどを利用し、肌を保護しながら処理をするようにしましょう。
また、埋没した毛を無理に剃ると、炎症を起こしますので、深剃りや毛の流れに逆らって剃らないようにしましょう。
いつ買ったのか覚えていないようなカミソリや、切れ味が悪くなった物を利用すると肌に負担をかけるだけではなく、衛生上にも問題があります。毛穴から雑菌が入り込むことがあるのでやめましょう。
では、正しく処理をする為にはどうしたら良いのでしょう。
お風呂では肌や毛が柔らかくなるので、シェービングをするのには最適では有りますが、湿気も多く雑菌が繁殖するのに最適な場所でもあるため、注意が必要です。
また、お風呂で温まっている肌にシェービングをしようとすると、その刺激で細かい傷が出来てしまうと、毛穴の広がり・雑菌の繁殖といったトラブルが起きる可能性が有る為、処理を行うのは入浴10分後がおすすめです。
適度にムダ毛も肌も柔らかく温まっている為、剃りやすいのです。
入浴前の場合には、蒸しタオルで処理場所を温めておく事で、毛穴が開き毛も柔らかくなる為、スムーズに処理することが出来ます。
体調が思わしくない場合や日焼け後など、肌の状態が不安定な場合には処理は避けるようにし、処理後はケアを忘れないようにしましょう。